レビトラシアリスバイアグラ比較

レビトラ・シアリス・バイアグラ比較/3大ED治療薬の徹底比較

レビトラ・シアリス・バイアグラの歴史

 

レビトラ・シアリス・バイアグラの歴史

レビトラ

レビトラは世界で2番目にできたED治療薬になります。2004年にドイツのバイエル社がレビトラを生産いたしました。

 

レビトラは、バイアグラの欠点を補う形で、作られており、バイアグラに比べ、効果時間が即効性の面で優れています。

 

日本では2004年から5mgや10mgが発売されおり、数年後に20mgが発売される事となりました。20mgが発売された、きっかけは糖尿病などの生活習慣病の患者、脊髄損傷患者、骨盤内手術後の患者などでは、ED治療薬を1日最高用量(10mg)で使用しても効果が得られない事がしばしば起き、専門医の間では問題視されていました。
そこで、そのような患者を救う目的もあり20mgが日本でも承認される事になりました。
糖尿病なでおの患者は、10mgでは、効果が現れなかったものでも、20mgを服用することにより、効果が期待でき、いくつかの臨床実験によりその安全性も確認されています。

 

シアリス

シアリスは、2003年にアメリカのイーライリリー社が製造を開始して、日本では2007年がら発売となりました。
世界で3番目のED治療薬になります。
日本ではシアリスで名が通っていますが、外国では、成分名のタダラフィルと呼ばれることが多いようです。
シアリスは、先行していたレビトラをさらに進化させたED治療薬で、その持続時間の長さが特徴できです。
日本では、シアリスは10mgと20mgが発売されえいます。
ちなみにシアリスは、2011年に、研米国FDAより前立腺肥大症治療に対して承認がおりた薬でもあり、シアリスを服用すると、前立腺の肥大の治療にもなります。

 

バイアグラ

バイアグラは、(成分名シナデルフィル)は1998年にアメリカのファイザーから発売されて、世界で初めてのED治療薬として脚光を浴びました。
元々は、狭心症の薬として開発されたのですが、臨床実験後に、薬の回収に応じない被験者が多くでて、その理由が勃起にあった事が分かり、ED治療薬として、発売されることになりました。
日本でも早くから、個人輸入を通して、バイアグラを手に入れる者が多く、その中には循環器系の病を持っていてニトロを使用している者もおり、死亡事例が発生したため、1999年に急遽日本でも、薬として認可し、医者の管理下に置きました。
日本では、25mgと50mgが発売となっていますが、欧米では、100mgも発売されており、100mgを個人輸入して、ピルカッターで半分にするなどしてコストの節約をしている方も多くいます。

 

日本にはバイアグラの熱狂的なファンが多く、今でもバイアグラはED治療薬の中でも売上の上位にランクされています。


 

レビトラ・シアリス・バイアグラの効果比較

 

レビトラ・シアリス・バイアグラの効果比較

 

レビトラ20mgは、今日本でバイアグラの100mgが認可されていませんので、ED治療薬の中では、一番効果の高い薬とされています。

 

一般的に効果を比べてみますと。

 

バイアグラ50mg=レビトラ10mg=シアリス10mg

 

と言われています。

 

当然、バイアグラ100mgを個人輸入で手に入れれば、それが一番効果の高いED治療薬になります。

 

勃起の硬さで比較してみますと、

 

バイアグラ100mg>レビトラ20mg>シアリス20mg

 

となります。

 

効果の持続時間で比較してみますと、

 

シアリス20mg>レビトラ20mg>バイアグラ100mg

 

となります。

 

この3種類のED治療薬には、それぞれ特徴がありまうますので、使う人の好みで分かれて行きます。

 

勃起の強さなら、バイアグラ。

 

即効性なら、レビトラ。

 

持続時間なら、シアリス

 

という感じです。

 

★バイアグラ
バイアグラは空腹時に飲まないと、効果がありません。また性行為の1時間ぐらい前に飲んでおく必要があります。
効果の持続時間は。4時間と言われています。
勃起の強さで、バイアグラを選ぶ方が多いようです。

 

★レビトラ
レビトラは、基本的には食事に左右あれないのですが、なるべくなら空腹時に飲む事により最大の効果が期待できます。
レビトラは即効性があり、早い人ですと飲んでから、15分ぐらいで、効果が現れます。
効果の持続時間は8時間と言われており、バイアグラの50mgを飲むのでしたら、レビトラの20mgのほうが、効果は高いと言えます。
即効性と、効果時間がちょうどいいので、私はこれを普段は利用しています。

 

★シアリス
シアリスは、効果時間が36時間と長いのが、特徴です。
土曜日の夕方服用したら、月曜日の朝まで効果が期待できますので、週末の一拍旅行などにはとても便利です。
実際、海外ではシアリスの事を、「ウイークエンドピル」といって、そのような使い方しているようです。
シアリスの勃起力は、バイアグラなどと違って、自然な感じで、女性の膣にも優しい感じです。
私もシアリスは、旅行などの長い時間の時に使用しています。飲む時間も気にしなくてもいいので、とても楽です。

 

この3つのED治療薬ともに体内で、やっていることはだいたい同じで、通常勃起している間は、cGMPという物質が放出されます。
このcGMPが放出されたままですと、ずっと勃起したまま、つまり勃ちっぱなしの状態になってしまいます。
若い方などは、かなりcGMPの放出が多いのだと思います。
一方、射精などで性的興奮が収まるとcGMPを壊すPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)という酵素が放出され、広がった海綿体の血管が収縮して勃起が収まります。

 

cGMPによって勃起し、PDE5によって、勃起しなくなるというわけです。

 

EDの男性は"血管拡張剤"であるcGMPの放出が少なく、PDE5によっていつも勃起しない状態が続いています。

 

そこで、これらのED治療薬は、このPDE5の働きを妨害して海綿体に血を送るようにします。ED治療薬はPDE5阻害薬と呼ばれています。
まれに、cGMPが強くなりすぎて、4時間しても勃起したままなんて人もいるようで、その場合には即医者に行きませんと、勃起機能自体が破壊され、2度と勃起できなくなります。

 

どのED治療薬も効果は血管を広げる事であり、副作用としては、血管が広がる事による顔の火照り、鼻のつまり、などがありますが、たいした副作用ではありません。

 

薬ですので、どうしてもある薬に体質が合わない人がいます。そんな人は、違う薬に変える事により改善される場合が多いようです。

 

どのED治療薬にも禁忌事項があって、飲み合わせの悪い薬が存在します。特にニトログリセリンは、相性が悪く、一緒には使えません。

 

レビトラを飲む時には、グレープフルーツを飲んだり、食べたりしないようにしてください。

 

レビトラ・シアリス・バイアグラの効果比較


 

レビトラ・シアリス・バイアグラの個人輸入

 

レビトラ・シアリス・バイアグラの個人輸入

 

日本では、バイアクラ・レビトラ、シアリスともに泌尿器科が処方してくれます。
最近では、治療費等は取らずに薬代だけでOKのとこが多い様です。
思っていた以上に気軽にもらえるのが、今の日本に現状になります。

 

各ED治療薬を医者で処方してもらうと自由診療ですので下記のようになります。

 

バイアグラを医者で処方してもらうと、
25mg 1錠 1,300円(税込)
50mg 1錠 1,500円(税込)
プラス初診料など

 

レビトラを医者で処方してもらうと、
10mg 1錠 1,500円(税込)
20mg 1錠 2,000円(税込)
プラス初診料など

 

シリアスを医者で処方してもらうと、
10mg 1錠 1,700円(税込)
20mg 1錠 2,000円(税込)
プラス初診料など

 

1錠で、数千円は、さすがに高くて、そう毎回使用していられません。
最初は、病院に行って、自分がこのED治療薬を飲んでいいのか、ダメなのかを知るためにも一度は行っておいてもいいのですが、その後、続けて飲むとなると、少し厳しい価格です。

 

そこでおすすめするのが、医薬品の個人輸入です。
日本では、一定量の個人で使用する薬に限り、輸入してもいいという法律があります。

 

医療品等の輸入に関するガイドライン

 

この方法により、海外の安いED治療薬を手に入れることができます。

 

個人輸入と言われても、そんなことをした経験のある方はそうはいないと思います。

 

そこで、登場してくるのが、個人輸入を代行してくれる個人輸入代行会社です。

 

海外の安いED治療薬を買いたければ、この個人輸入会社にネットから注文を出せば、1週間ぐらいで手元に薬が届きます。

 

けど注意が必要です。
個人輸入代行会社には、平気で偽物を薬を100%本物と言って販売している業者がたくさんいます。
調査によりますと、80%の業者が偽物を販売しているという製薬会社からの報告も入っています。
値段が安いからと、すぐにネットから薬を購入するのは絶対に止めてください。

 

個人輸入ですと、更にいいことにED治療薬のジェネリックも買う事ができます。

 

ジェネリックとは、新薬の特許が切れて、成分効果ともに新薬とお同じ薬を安い価格で販売できる仕組みです。

 

ですが、ED治療薬はまだ特許は切れていません。ですが、実際にはジェネリックが存在します。

 

この辺の事情は、下記を参考にしてください。

 

インドの特許に関する事情

 

ジェネリックですと、なんと1錠数百円でED治療薬を購入できますので、使わない手はありません。

 

先ほども言いましたが、ジェネリックも偽物が多く出回っていますので、個人ではどれが本物なのかは区別するのは、とても無理です。
間違えて、偽物を買ってしまうと、体を壊しますし、お金も無駄になってしまいます。


 

ホーム RSS購読 サイトマップ