レビトラ・シアリス・バイアグラ比較

インドの特許事情

インドの特許事情

 

インドでは、薬に関する特許が、2005年の法改正があるまでは、製法特許だけしか認めていなかった。

 

ですので、地元の製薬会社では、作り方さえ変えれば、全く同じコピー品を合法的に作る事ができた。

 

インドから発売される、コピー医薬品は、製薬会社にとっては、大きなダメージであり、その新薬を作るまでにかけだ膨大な時間と膨大な開発費を回収できなくなることになる。

 

ですが、インドでは合法的にジェネリック医薬品を作る事が許されていたので、製薬会社にはどうする事も出来なかったのだが、世界的な世論の動きで、ようやく2005年にインドでも薬の特許が認められるように法改正がされた。

 

これで、一見問題はなくなるように思えるのだが、現実は違っていた。

 

世界のジェネリック医薬品のほとんどはインドから作られており、品質もよく、値段も安いので、アフリカなどの貧困国ではインド製のジェネリック医薬品が大量に使用され、エイズで問題の多いアフリカなどでは、インドのジェネリック医薬品なしでは、生活がしていけないなどの問題が起きている。

 

また国境なき医師団などが、貧しい国で使用している薬のほとんどは、インド製である。品質がよくて安いのだから、使わなければやってられない。

 

インド製の安いジェネリック医薬品が途絶えれば貧困国の医療が崩壊するという深刻な問題も起きています。

 

インドでは、2005年の法改正後も、新薬の特許を認めるには、異議申立制度というハードルと作って、それを通過しないと新薬の特許が下りない。
実際に重要な新薬特許は、ほぼ例外なく地場メーカーやNGOによる異議申立の対象となってり、特許の申請をあきらめるメーカーも出てきている。

 

また、インドでは、特許で守られている薬でも下記の事項に一つでも一致しているものは、強制実施権で一定のロイヤリティーを払えば、ジェネリックを作ってもいいという法律がある。

 

特許発明に関する公衆の適正なニーズが満たされていないこと。
特許発明に基づく製品が公衆にとって適正に手頃な価格で入手可能でないこと。
特許発明がインド国内で実施されていないこと。

 

要は、一般人が簡単に買えないよな高い薬は認めませんということだ。

 

製薬会社にとっては、膨大な開発費を薬の値段に反映させて、売りたいのだが、インドではそれが通らない。

 

実際に貧しい国々の人々がインドの薬に頼っている事は事実であり、この状態を批判するだけの力は製薬会社にもなく、いまだにインドでは、合法的にジェネリック医薬品が生産され、貧しい国々へと渡っている。

 

公式サイトはこちら

 
トップへ戻る